たるみケア成分 フィト発酵エキスの効果・特徴とは

フィト発酵エキスとは

フィト発酵エキスとは

更新日:2022年11月28日

 

「フィト発酵エキス(パントエアアグロメランス培養溶解質エキス)」とは、パントエア菌というグラム陰性細菌の細胞壁から抽出された糖脂質(LPS=リポポリサッカライド)エキスのことです。この糖脂質は普段食べている食材の中にも含まれており、自然免疫を活性化する作用を持っています。

フィト発酵エキスは肌の細胞を活性化させる働きを持つことから、自らの力で肌のハリや弾力を生み、ターンオーバー(新陳代謝)の促進に役立つといわれています。また、保湿力や肌のバリア機能を高めることは、健康的な肌環境をキープすることにもつながるため、エイジングケアにとって注目の美容成分といえます。

エイジング肌を活性化するフィト発酵エキス

フィト発酵エキスってどんな成分?

フィト発酵エキスのイメージ

最近の研究で、微生物の構成成分である糖脂質が、自然免疫を活性化させることがわかってきました。自然免疫とは、ウィスルや細菌が体内に侵入しようとしたときに、それを排除しようとする生体システムのことです。しかし、自然免疫は加齢やストレスによって低下してしまいます。

この自然免疫を活性化させる成分の1つとして、フィト発酵エキスが注目されています。
フィト発酵エキスは、アレルゲンが少なく小麦の代用として広く使用されている「白たかきび(ホワイトソルガム)」を使い、「パントエア菌」を発酵・培養して生み出された糖脂質エキスです。
パントエア菌は小麦、サツマイモ、リンゴやナシなどの果物類に存在しており、人間が普段から口にしている食べ物の中に含まれています。

フィト発酵エキスには免疫細胞を活性化する働きがあり「マクロファージ」と呼ばれる免疫細胞が活性化すると、新陳代謝の促進や細胞増殖因子(成長因子)の産生量増加など、さまざまなメリットにつながります。
細胞増殖因子にはいくつか種類があり、皮膚や血管、骨の形成に関係しているものとして、線維芽細胞増殖因子(FGF)が挙げられます。線維芽細胞増殖因子(FGF)は全部で23種類あるのですが、フィト発酵エキスには、線維芽細胞増殖因子(FGF) のうち、FGF-2を増加させる働きがあります。

線維芽細胞が増殖するとターンオーバーが促進され、真皮層にあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成も促されるため、肌の弾力性アップにつながるといえます。

プラセンタと比較すると、フィト発酵エキスにはこの線維芽細胞を増やす力が約2倍もあるとされており、医療の分野ではフィト発酵エキスが、アトピー皮膚炎でダメージを受けた肌の保湿やキメの改善に効果があるといわれています。

フィト発酵エキスが持つ高い保湿力

保湿力のイメージ

肌は皮脂と水分が混じった天然のエマルジョンによって、外的刺激から守られています。そのため、スキンケアでは潤いの元である水分と潤いを保持する油分の両方を補い、適度な水分と油分に覆われた状態を保つことが大切です。

フィト発酵エキスは親油性と親水性両方の性質をもち、それが高い保湿力につながっています。肌の表面に塗ると皮脂にすっとなじみ(親油性)、角質層の奥まで浸透して水分をキープする役目を果たすことで(親水性)、バリア機能の改善にもつながります。

肌にとって、油分と水分のバランスがとれた保湿は非常に大切です。乾燥などの外的刺激から守られることでダメージを受けにくくなり、潤いやハリに満ちた健康的な肌環境を維持する力が高まります。フィト発酵エキスは、高い保湿力によって肌が自ら潤う力をサポートし、年齢肌に不足しがちな潤いやハリにアプローチします。

たるみケアにオススメの商品は…

lujo ニードルセラム

  • 価格…3,278円
  • 特典情報…15日間返金保証付き

「お肌のハリがなくなってきた」「たるみが気になる」など、だんだんと年齢肌の悩みは増えてくるものですよね。
若いときのお肌に戻りたい…と願う女性も多いのではないでしょうか?
そんな女性たちにおすすめしたいのが、「lujo ニードルセラム」。
ルジョーニードルセラムは、目元やほうれい線など気になるたるみをケアできると話題の針美容液です。
美容液をまとった微細な針が悩みの根本(角層まで)にアプローチ!
サッと塗るだけであらゆる年齢肌の悩みにアプローチしてくれる、次世代エイジングケア※美容液なんです!
※ 年齢に応じたケア

スキンケア成分の最新記事

美白成分とは

保湿成分とは

毛穴ケア成分とは

たるみケア成分とは
c 2018-2019 オールインワンジェルランキング40代向け【2022最新版】 All rights reserved.